最新記事更新情報
9月 10日 18時 05分 更新  |  在日関連

【在日発狂】 京都府警が覚醒!!! 京都在住の在日韓国人一掃にガチ本気キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 京都府警にボッコボコにされた在日韓国人をご覧下さいwwwww

 
0
tweet
はてブ
いいね!

【在日発狂】 京都府警が覚醒!!! 京都在住の在日韓国人一掃にガチ本気キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 京都府警にボッコボコにされた在日韓国人をご覧下さいwwwww

【話題】しばき隊が京都府警に「過剰警備やめろ」と申し入れ → 京都府警、文書の受け取り拒否
C.R.A.C. WEST@crac_westt 6時間前
[NEWS] C.R.A.C. WEST は本日午後、レイシスト街宣へのカウンタープロテストに
対する過剰警備について、京都府警に抗議申し入れを行います。
また、K.A.R.S.とともに14時半から京都府政記者クラブで会見を行います。
https://twitter.com/crac_west/status/641431974607884288

C.R.A.C. WEST@crac_west 3時間前
京都府警への抗議申し入れ終了。
なんと府警は申入書を受取拒否!
全文をこちらに公開しています→
[C.R.A.C. WEST] 京都府警への申入書
http://crac.jp/post/128690962159/

まもなく記者会見を行います。
no title
https://twitter.com/crac_west/status/641492341816061952

C.R.A.C. WEST@crac_west 2時間前
京都府政記者室で会見中です。出席者はイトケン@itokenichiro 、
上瀧浩子弁護士@SANNGATUUSAGINO 、宇城輝人関西大学教授@ustht 、
K.A.R.S.代表@KARS_students その他です。
https://twitter.com/crac_west/status/641492341816061952

C.R.A.C.@cracjp 2時間前
アリエナイヨネー。
https://twitter.com/cracjp/status/641487207535013888

エルネスト金 #鶴橋安寧@erunenn 2時間前
超クソ府警。とことん市民をなめてる。
また一つ、国連人種差別撤廃委員会へ
日本の警察がネオナチ推進をしてるとの証拠を作ったな。
世界に恥たるネオナチ擁護の日本の警察。
特に関西における警察の不当な形態は異常で悪辣。
ネオナチ護って市民護らず。
https://twitter.com/erunenn/status/641486587570749440

エルネスト金 #鶴橋安寧@erunenn 2時間前
クッソ気分わるい
https://twitter.com/erunenn/status/641486837077270528




3: .net
ぷぷぷっw

5: .net
> カウンタープロテスト


言葉不自由にもほどがあるわw

引用元: 【話題】しばき隊が京都府警に「過剰警備やめろ」と申し入れ → 京都府警、文書の受け取り拒否


↓1日1クリックでチョンが大発狂するらしいですwwww



日本のマンションエロすぎワロタwwwwwwwwwww
【ムラムラ注意】最近の女の子の水着姿がエロ過ぎるwwwwwwwwwww

【おっき注意】ロリ巨大乳ってええなwwwwwwwwwwwwwww

【画像】9割の男が「セッ○スしたい」と思う女をご覧くださいwwwwww

【愕然】明治時代の
性サービス嬢をご覧くださいwwwwwwww


【画像】クッソエロいケツしたOLの画像を貼ってくwwww

このくっそエッロい
ドスケベババアwwwwwwww


[C.R.A.C. WEST] 京都府警への申入書
申入書
2015年9月9日

京都府警本部 坂井孝行殿

対レイシスト行動集団関西(C.R.A.C. WEST)

担当:伊藤健一郎
電話:xxx-xxxx-xxxx

弁護士 上瀧浩子(上瀧浩子法律事務所)
電話:xxx-xxxx-xxxx

申入れの趣旨

ヘイトスピーチ(人種・民族的差別煽動表現)を含むあるいは含むことが十分に予想される街頭活動が行われる場合、ヘイトスピーチに反対する市民が集結し抗議を行うことが一般化しており、警察は警備の強化を行っている。同様の事態が京都においても発生しているが、貴警察署の警備は過剰であり、憲法が保障する表現の自由を不当に制約しかねないものとなっていたことを鑑み、次のとおり申し入れる。

    1.ヘイトスピーチ街宣の際に過剰警備を行わないこと

    2.ヘイトスピーチ街宣を常習的に行っている団体、人物には道路使用許可を与えないこと

ここでいう過剰警備とは以下を指す

    ・現場に必要以上の数の警察官を配備する
    ・抗議する市民に対して、警察官による囲み行為など必要以上の規制を加える
    ・抗議する市民に対して、写真撮影を行う

申入れの理由

    1.過剰警備を行わないこと

2015年6月28日及び同年8月24日に日本京津会が主催した右京区西院での街頭活動において、多くの市民が差別煽動者に対する抗議の意志を示すために集結した際の警備の様子は以下のようなものであった。申入れ人らは、このような警備は妥当性に欠けると言うのみならず、警備上で必要最小限の範囲を逸脱し、違憲違法の疑いがあると思量する。

    (1) 2015年6月28日の警備の状況

街宣と抗議が行われていた西院駅前交差点南東側歩道だけで50名を超える警察官が配備されていた。警官らは「トラブルの防止」を名目に、設置した指定区画に抗議者を押し込み、指定区画以外の場所で抗議した場合、数人がかりで取り囲み、抗議者に対して執拗につきまとい、強制的に指定区画に移動させた。また、抗議する市民の姿をビデオカメラ、スチールカメラ等で撮影した。

    (2) 2015年8月24日の警備の状況

6月28日と同様に、街宣と抗議が行われていた交差点の一角に50名以上の警察官が配備され、「トラブルの防止」を名目に、警察が抗議者を設置した指定区画に押し込み、指定区画以外の場所で抗議した場合、数人がかりで取り囲み、抗議者に対して執拗につきまとい、強制的に指定区画に移動させた。さらに、街宣が行われていた西院駅前交差点南東歩道の一角のみならず、対岸にあたる南西歩道及び北東地点歩道で行われた抗議に対してもこれを取り囲み、交差点の一角からの移動を阻止するなど抗議者の通行を妨害した。ビデオカメラ、スチールカメラ等での抗議する市民の姿の撮影も6月28日と同様に行われ、南東交差点には広報車両を設置し、抗議参加者への注意を含むアナウンスを行うとともに抗議参加者に対する撮影を行っていた。この日は京都弁護士会所属の大河原弁護士がカメラ撮影に対して抗議をしたが、撮影者らは、撮影を継続した。

    (3) 上記警備の違法性等

民主的理念を基調とする警察の責務は、警察法1条に規定されているとおり「個人の生命、身体及び財産の保護に任じ、犯罪の予防、鎮圧及び捜査、被疑者の逮捕、交通の取締その他公共の安全と秩序の維持に当ること」とされているが、同時に同法2条2項において「日本国憲法の保障する個人の権利及び自由の干渉にわたる等その権限を濫用することがあってはならない」と規定されている。参加者や歩行者の安全のために抗議活動に対して規制を行うことが許されるとしても、その規制は公共の安全と秩序の維持ならびに国民の生命身体の保護のために必要最小限度のものでなければならず、これを越える規制は憲法21条1項、同13条、及び警察法2条2項に違反しており、違憲違法である。

    A)警察官の過剰な配置について

両日ともにあまりにも多くの警察官が配備されていたため、歩行者の多くは警察官を避けて歩く必要があり、警察官と歩行者の身体的接触が多数見られた。現場に配備された警察官が交通の安全を確保しようと腐心していることは十分に理解できるものの、現状においては過剰に配備された警察官の存在自体がかえって歩道の円滑な交通の妨げとなっていた。とりわけ、8月24日にヘイトスピーチ街宣に参加していた個人わずか9名に対し50名以上の数の警察官を配置することは、警備の必要性からみても異常である。

ヘイトスピーチへの抗議とは市民社会における公正さを守るための行動であり、差別を許さないという意志の表明であり、これは憲法に明記された表現の自由である。「差別を許さない」という規範が市民社会において広く共有されていることは、それが京都府ならびに京都市が掲げる多文化共生の理念の中核をなすものであること、そして日本政府が人種差別撤廃条約等に加入していることからも明らかである。警察には、市民社会が守るべきルールと規範を提示するという大切な役割があるが、ヘイトスピーチを繰り返してきた個人または団体を大勢の警察官があたかも「ボディーガード」であるかのように取り囲み、さらに差別に抗議する市民に対して時に威圧的に「注意」する「過剰警備」は、差別団体に対して警察が「お墨付き」を与えていると観察され得る。警察官の過剰な配置は、市民社会において最低限共有されるべき「差別を許さない」という規範を大きく傷つける効果を持ち、京都府警察が差別扇動に協力しているとの誤解を与える状況を生みだしている。

以上のとおり、多くの警察官を配備することは、必要性に乏しいだけでなく、抗議者に対する萎縮効果及び差別街宣を肯定しているとの誤解を与えうることを合わせて鑑みれば、必要最小限度の規制を超える可能性がある。

    B)警察が抗議者に対して行った囲み行為について

警察による抗議者の囲み行為ないし移動を強要する行為については、「トラブルの防止」を名目に行われた。しかし、これまで京都や滋賀において、差別煽動を行う側と抗議する側が間近で口論する場面があった場合においても、その際に物理的暴力が行使されたことはなく、「トラブルの防止」を根拠とした警察の規制はその根拠を有しない。

また、両日ともに抗議参加者に指定された区画が極めて小規模だったために参加者が区画に収まらずすし詰め状態となり足場を確保できないほど不安定な状態になった。足場の確保のために少しでも移動を試みると3名程度の警官が阻止して区画内に押し戻そうとするので、参加者の身の安全が脅かされた状態が生じた。このように、警察の過剰かつ不適切な警備によって逆にトラブルが誘発された。

さらに、8月24日における警備では街宣が行われていた西院駅前交差点南東歩道の一角のみならず、対岸にあたる南西歩道及び北東地点歩道で行われた抗議に対しても規制を加えていた。この位置はそもそも京津会らの街宣と抗議者との接触が全く考えられず、両者の接触によるトラブルは想定できない。抗議者は自らが効果的と判断した場所において抗議を行う権利を持つことを考慮すれば、抗議者が交通の妨げになる蓋然性が著しく低い地点にもかかわらず囲み行為が行われたことは、必要な規制の範囲を大きく逸脱し必要最小限の範囲を超えており、市民の表現の自由を不当に抑圧するものであって、個人の自由を不当に侵害するものであり違憲違法の疑いがある。

    C)写真撮影行為について

最高裁昭和44年12月24日判決は「警察官による個人の容ぼう等の写真撮影は、現に犯罪が行われもしくは行われたのち間がないと認められる場合であって、証拠保全の必要性および緊急性があり、その撮影が一般的に許容される限度をこえない相当な方法をもつて行われるとき」のみ違法でないとしている。上記両日とも、抗議者は口頭やシュプレヒコールによる抗議及びプラカードを上げるなどをするのみであり、警察官らが抗議者を囲み街宣を行っている者に容易に接近ができないようにしていたのである。このような状況の中で、そもそも、「現に犯罪が行われ」という事実が存在しなかったことは明らかである。したがって、この要件に照らせば、抗議参加者に対する撮影自体が違法である。8月24日においては、大河原弁護士(京都弁護士会)が、撮影の要件が揃っていない事実を指摘し、直ちに抗議者への撮影を中止するように撮影した警察官に対して直接抗議したにも関わらず、警察官らは撮影を継続したものである。

以上のように、上記撮影行為は、最高裁の示した要件も満たしておらず、最小限度の必要性を逸脱したものである。

    2.道路使用許可を与えないこと

道路使用許可は、外形的には道路の使用を許可するというだけの中立的なものである。しかし、排外主義団体の行う排外的な街宣に対して、継続的に道路使用許可を与えることは、人種差別行為に対する支持を表明する行為と解しうることであり、国際都市京都の威信を損なうことであると考える。

    (1) 日本政府が加入する人種差別撤廃条約は、その2条1項bにおいて「いかなる個人または団体による人種差別も後援せず、擁護せずまたは支持しないことを約束する」としている。ヘイトスピーチは、マイノリティを含め社会に暮らすだれもが享受することのできる安心の感覚を根底から覆す市民社会に対する破壊行為である。

日本京津会は2015年5月1日に右京区西院で行われた街頭演説において、「在日朝鮮人はハエや蚊と同じ。一緒に暮らすことができるわけがない」などのヘイトスピーチを行った。同年6月28日にも西院で「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の創設者高田誠氏を招きマイノリティに対する嫌がらせや威嚇を目的とした街頭演説を行っており、「朝鮮人は祖国に帰れ!」などのヘイトスピーチが繰り返し行われた。日本京津会のようにヘイトスピーチを継続的に行っている団体に対して、事前に人種差別行為が確実視される場合に道路使用許可を出す行為は、人種差別撤廃条約に反して人種差別行為に対する支持を表明する行為と解しうる。

    (2) また、貴警察署がヘイトスピーチを繰り返す排外主義集団に対する道路使用許可を出すことは、京都府、京都市が掲げる多文化共生の理念と逆行する。

京都府では、人権教育及び人権啓発の推進に関する法律(平成12年法律第147号)に基づく施策として「新京都府人権教育・啓発推進計画」を策定している。同推進計画の2015年実施計画の重点事項には「外国人の人権尊重」が盛り込まれており、「特定の国籍の外国人を排斥する趣旨の言動が公然と行われる、いわゆるヘイトスピーチの問題が社会的に関心を集めている。日本が人種差別撤廃条約を批准して 今年で20年を迎え、今後ますます国際化が進む中で、言語、宗教、生活習慣等が異なる文化や考え方を理解し、相互の人権を尊重し合う『多文化共生社会』の 形成を進める必要がある」と明記している。

京都市においても、2008年に多文化が息づくまちを目指して「京都市国際化推進プラン」を策定し、国際化を推進してきた。2013年に改訂された同プランでは特に「多文化共生」の理念に重きをおいた「民族や国籍による差別を許さないまちづくり」を提唱し、「特定の国籍の外国人を排斥する趣旨の言動が公然と行われる、いわゆるヘイトスピーチの問題が社会的に関心を集めている。日本が人種差別撤廃条約を批准して 今年で20年を迎え、今後ますます国際化が進む中で、言語、宗教、生活習慣等が異なる文化や考え方を理解し、相互の人権を尊重し合う『多文化共生社会』の 形成を進める必要がある」と明記している。 

京都は観光の面でも学問の面でも国際都市である。外国人の来日及び生活が頻繁である町の中で、外国人に対する排外的な宣伝が日常的に行われる状況は、国際都市としての京都の威信を著しく損なうものである。

    (3) 最後に、排外主義団体が、排外的街宣を行うに際して、これに道路使用許可を与えることで、彼らの道路使用が外形的・形式的に「正当性」を持つことになり、抗議者への過剰警備を行うことを正当化することとなる。 
    以上のことから、申入人は、貴警察署に対して、申入の趣旨の通り、道路使用許可を出さないことを求めるものである。

    まとめ

上記検討したように、貴警察署の街宣の抗議者に対する警備は、違法違憲の疑いがある。

このような警備方針を継続することは以上のとおり、警察法2条2項に反する疑いがあるのみならず、人種差別撤廃条約の趣旨に反するものである。

そもそも、日本国政府が加入する人種差別撤廃条約は、その第4条において「締約国は、一の人種の優越性若しくは一の皮膚の色若しくは種族的出身の人の集団の優越性の思想若しくは理論に基づくあらゆる宣伝及び団体又は人種的憎悪 及び人種差別(形態のいかんを問わない。)を正当化し若しくは助長することを企てるあらゆる宣伝及び団体を非難し、また、このような差別のあらゆる扇動又 は行為を根絶することを目的とする迅速かつ積極的な措置をとることを約束する。」と唱っている。貴警察署においては、現行の警備方針がこうした国際規範からも著しく逸脱していることを自覚されたい。

また、2014年8月、ジュネーブで行われた人種差別撤廃委員会において18名の委員全員が日本におけるヘイトスピーチの蔓延について言及し強い懸念を表明した。また委員からは「差別主義者が警察によって守られているかのようだ」「差別に反対する行動を阻害することは許されない」と警察の警備方針に対する強い懸念が表明された。日本におけるヘイトスピーチの蔓延は世界の注目するところであり、とりわけ警察の対応は厳しい観察の目に晒されていることも自覚されたい。

さらには、2009年12月14日、2010年1月14日及び同年3月28日に発生した民族差別主義者らによる京都朝鮮第一初級学校(当時南区)襲撃事件に関する民事訴訟において、一審判決は演説内容が日本も加盟する人種差別撤廃条約に照らして「人種差別」にあたると判断、二審においても「街宣活動が、社会的な偏見や差別意識を助長し増幅させる悪質な行為であることは明らか」と判断し、最高裁は判決を支持している。

申入れ人らは、貴警察署に対して、この司法判断を尊重するとともに、京都において民族的マイノリティが通う学校を対象とする凄惨なヘイトクライムが発生したという事実を重く受け止める事を求めるものである。

よって、申入れ人は、排外主義者による街頭演説の現場における現行の警備方針の違法性及び不当性に鑑み、貴警察署に対して現行の警備方針をあらため、抗議参加者に対する必要以上の規制を加えないこと、抗議参加者を撮影しないこと、必要以上の警察官を配備しないことを求め、貴警察署に対して、申入れの趣旨のとおりの申入れをおこなう。

    以上



7: .net
自分らがやっている暴力行為を反省しなさいね。

8: .net
>>1
相変わらずケガレとるな、こいつら
来週安保成立したらどんだけファビョるか楽しみやのう

10: .net
テロ法施行された瞬間またファビョり出すんだろう

9: .net
嫌なら半島に帰ればいいのに

13: .net
しーるずだとかcrapだとか、韓国人であることを隠さなくなってきたな。

26: .net
警備やめろやめなきゃネオナチ


ちょっと意味分からないですね

17: .net
国連人種差別撤廃委員会へ訴えてやるぅってかww

16: .net
何この基地外どもは
http://urx3.nu/nOtu

15: .net
公務執行妨害になるんじゃないの?

18: .net
しばき隊の本性が出てるw  朝鮮進駐軍の末裔  過去を謝罪しろ

31: .net
え?犯罪者が防犯活動するなと叱り付けた話?

21: .net
これってさ、泥棒が警察に
「過剰な巡回や警備は辞めろ」って申し入れてるのと一緒じゃない?

131: .net
>>21
どっかの国が不法操業に対する海上警備止めろとか訴えてたよな(笑)

23: .net
過剰かどうかは警察の業務判断だろ?

34: .net
「過剰警備やめろ」ってなんなの お前らが暴力行為をするからだろ ボケ

24: .net
警備止めたら暴行するんだろ
現行犯逮捕されるけどそっちの方がいいのか?

37: .net
しばき隊「危害を加えたいから警備するな」

京都府警「アホか………無視無視」

40: .net
ほんと日本の警察は無能だな
これが差別デモしてる奴らの文書なら受け取るんだろ

45: .net
>>40
きもっ

53: .net
>>40
くさいわ鮮人

44: .net
自分達の異常性を全く理解出来てないのな

46: .net
コイツらどんだけ思い上がってんだ?!
日本をなめくさってんなまじで

43: .net
外国人がいちいち日本にケチつけるなや
嫌なら偉大なる祖国に帰れ

90: .net
警察が警備するとか、しないとか、
お前ら在日が口出すことじゃないって分からないのか
在日って、本当に頭おかしい

75: .net
本家朝鮮人と一緒で順調に自爆していってるな

62: .net
在特会は悪く言われがちだけど炙り出しに成功しとるね。

85: .net
自分の思い通りにならなければ相手を罵倒
まるで子供いやチョンか

91: .net
害酷人が市民を名乗るなよ氏ね

108: .net
もはや極左暴力集団だなw

107: .net
テロリストの話を聞く警察がいてたまるか

93: .net
在日キムチ ざまあww
http://amzn.to/1Qek4aC
☆おすすめ記事

日本のマンションエロすぎワロタwwwwwwwwwww
韓国人「日本人の耳には、韓国語はこう聞こえてるらしいwwwwwwwww」

韓国人「第二次世界大戦時の日本海軍の戦力がとてつもないwwwwwwww」

韓国人「日本は朝鮮の属国だった・・・大韓帝国を含む世界の帝国をご覧下さい」

韓国人「1953年のソウル市内を写した貴重なカラー写真www完全に日本ww」

韓国人「日帝時代発展が遅れた朝鮮・・・1920~30年代の朝鮮をご覧ください」

日本人のハーフとして生まれた人にしか分からないハーフあるある12個wwww

日本の女子小学生の「休日ファッション」に韓国人がムラムラwwwwwww

韓国人「14年前の日本の労働環境ヤバすぎwwwwさすが経済大国wwwww」

韓国人「日本男性のストリートファッションをご覧くださいwwwwwww」

韓国人「日本の全盛期時代をご覧くださいwwwww」→「日韓併合最高!!!」

リツイート・コメントランキング
カテゴリ: 在日関連

シェアする

人気サイト最新記事