ファラン

ファランのロケ地新羅ミレニアムパークの場所どこ?ソウル近郊の撮影場所も紹介!

ファラン ロケ地 新羅ミレニアムパーク 場所 どこ ソウル 撮影場所
Pocket

『ファラン』は2016年に韓国で放送され豪華俳優陣の共演が話題になった大ヒットドラマです。

時代を彷彿させるリアルな映像で撮影に使われたロケ地の場所はどこなのかファンの間でとても話題になりました。

この記事では『ファラン』ロケ地で使われた新羅ミレニアムパークの場所がどこにあるかや、ソウル近郊で使われた『ファラン』撮影場所をご紹介したいと思います。

ロケ地をチェックして新羅ミレニアムパークや、ソウル近郊の撮影場所に実際に足を運んでみましょう!

 

『ファラン』のロケ地新羅ミレニアムパークの場所はどこ?

大ヒット韓国時代劇『ファラン』の撮影に使われたロケ地新羅ミレニアムパークは多くのドラマで使われている有名な撮影場所です。

また、『善徳女王』や『キム・スロ』『大王の夢』の撮影スポットも見られます。

新羅時代を体感できる韓国初の大型歴史テーマパークで、従来のテーマパークとは違い歴史や文化を見るだけでなく、体験しながら楽しむことが出来る新しいタイプの施設なんです。

ぴよ吉
ぴよ吉
行ってみたいな~

ここではそんな新羅ミレニアムパークの場所や、アクセス方法をご紹介していきます。

 

『ファラン』ロケ地の新羅ミレニアムパークの場所は慶州市!

『ファラン』で撮影現場になっていた新羅ミレニアムパークは韓国の慶州市にあります。

韓国南東部に位置していて、ソウルからKTX(韓国高速鉄道)を使って約2時間くらいの場所である慶州市。

慶州市は三国時代から統一新羅時代までの約1000年間新羅の都であり、3件の世界遺産が存在している稀な歴史文化都市でもあります。

そんな歴史あふれる街に誕生したのが新羅ミレニアムパーク!

広大な敷地には新羅時代を再現した民俗村や、公演会場、工芸体験館があります。

他にも水上公園や、馬上武芸のスタントショーが観覧できる会場もあり1日で回りきるのは大変なほど充実した施設です。

韓国で絶大な人気を誇るドラマ『善徳女王』のロケ地としても有名で、ミシル宮や花郎演武場、キム・ユシン山寨など『善徳女王』の撮影スポットを巡ることが出来ます。

ぴよ吉
ぴよ吉
いっぱい回るとこあるじゃん

特に花郎徒の訓練を再現したアクロバットの馬術や弓術、槍術のショーはその迫力に酔いしれてしまうほどリアルなので、時代劇の魅力を更に感じられること間違いなし!

もちろんレストランや宿泊施設も完備されているので、慶州市の世界遺産も一緒に回る宿泊プランもいいかもしれませんね!

【新羅ミレニアムパークの情報】

  • 住所:慶州市エキスポ路55-12
  • TEL:(054)7782000
  • 営業時間:夏期10時~20時(土・日曜は~20時30分)/冬期10時~18時20分(変動あり)
  • 定休日:年中無休(現在はリニューアル工事のため休館中)
  • 入場料:大人7,000ウォン、中高生5,000ウォン、子供5,000ウォン、シニア13,000ウォン、団体割あり(事前予約必要)

パーク内にはドラマの看板もたくさんあり記念撮影スポットが沢山あるそうです。

新羅ミレニアムパークに行って新羅時代にタイムスリップしてみませんか?

では次に新羅ミレニアムパークへのアクセス方法についてご紹介致します!

 

新羅ミレニアムパークへのアクセス方法は?

こちらではソウルから新羅ミレニアムパークへのアクセス方法を2つご紹介します。

【ソウル駅から鉄道KT利用】

  • ソウル駅からKTXで新慶州駅に向かう
  • 新慶州駅より市内バス10番から乗車して慶州エキスポ公園下車
  • 慶州エキスポ公園駅より徒歩
  • 所要時間:KTX約2時間と市内バス約30分の計2時間半

【ソウル駅からソウル高速バスターミナル利用】

  • ソウル高速バスターミナルから高速バスで慶州高速バスターミナルに向かう
  • 慶州高速バスターミナルから700番乗り口の市内バスに乗り新羅ミレニアムパーク駅で下車
  • 所要時間:高速バス約3.5時間、市内バス約40分

最も早いのはソウル駅からKTXを利用し新慶州駅からバスで向かう方法ですが値段が結構お高めです。

KTXは片道49,300ウォンに対して、バスは一番安い席だと20,600ウォンとなっています。

ぴよ吉
ぴよ吉
滞在時間優先ならKTX、コスパ優先なら高速バスがおすすめ!

しかし残念なことに現在はリニューアル工事のため営業は一時中断していて、再開時期は今のところ未定だそうです。

再オープンしたら是非行ってみて下さいね。

 

『ファラン』ソウル近郊の撮影場所も紹介!

韓国ドラマの撮影に使われる場所はソウル近郊にまだまだあります!

朝鮮時代の街並みを再現した韓国民俗村や、時代劇では欠かせない聞慶仏遊洞渓谷も実はソウル近郊なんです!

ぴよ吉
ぴよ吉
運が良ければドラマの撮影見れるかも!

是非韓国を訪れた際に立ち寄って頂きたい『ファラン』で使用されたこちらの二か所をご紹介したいと思います。

 

朝鮮時代の雰囲気を味わえる韓国民俗村

『ファラン』だけでなく『トンイ』や『チャングムの誓い』『成均館スキャンダル』といった大ヒットドラマや、BTSの番組撮影でも使用されている韓国民俗村。

ソウル市の南、京畿道(キョンギド)の龍仁(ヨンイン)市にあります。

朝鮮半島に古くからある生活様式を見学できたり、伝統文化や遊びを体験することが出来るんです。

またチマチョゴリのレンタルもあり、自分が村人になった気分を味わえますよ。

ぴよ吉
ぴよ吉
チマチョゴリ着てみたいな

本当に時代をタイムスリップさせたのではないかと思うほど完成度の高い仕上がりに訪れたファンは感激するそうです。

韓国民俗村の情報
  • 住所:京畿道 龍仁市器興区甫羅洞35
  • TEL:031-288-0000
  • アクセス:水原駅から無料シャトルバスで30分
  • 営業時間:11月~4月・18時まで/5月~9月・19時まで/10月・18時30分まで(開園10時)
  • 定休日:年中無休
  • 入場料:民俗村のみの場合→大人25,000ウォン、中高生22,000ウォン、子供(4歳から小学生)20,000ウォン/フリーパス(民俗村観覧・伝統民俗館・世界民俗館・民俗村内の体験コーナーなど全て利用可)→大人30,000ウォン、中高生27,000ウォン、24,000ウォン

ソウル駅から水原駅はKTXの「セウマル号」で約30分になります。

地下鉄を使っても1時間なので、ソウル観光のついでに行ける距離ですよね。

そこからはシャトルバスがでているので、アクセスの良さも魅力的!

韓国の文化を知ることが出来る素敵なスポットなので1度は訪れてみたいですね。

 

観光スポットとしても有名な聞慶仙遊洞渓谷

聞慶仙遊洞渓谷(ムンキョンソニュドンゲコク)は巨大な岩石が自然に重なってできた渓谷で、昔は仙人が降りてきて遊んだ場所だと言われています。

水がきれいで自然を感じることが出来る神秘的なところです。

『ファラン』11話でソヌ(パク・ソジュン)とジディ(パク・ヒョンシク)が友人、恋敵として一緒に水遊びを楽しんだ場面などでも使用されています。

ぴよ吉
ぴよ吉
お天気の日がおすすめ

またファラン他メンバーやアロ(Ara)もここで撮影しており、名シーンの数々をこの仙遊洞溪谷で思い出すことが出来ますよね!

聞慶仙遊洞渓谷の情報
  • 住所:慶尚北道 聞慶市 加恩邑 完章里
  • TEL:+82-54-550-6414(観光案内センター)
  • アクセス:ソウルから聞慶まで市外バスで約2時間

聞慶仙遊洞渓谷はソウルからのアクセス手段があまりないようなので、最初はツアーで回るのがおすすめです。

晴れた日に『ファラン』を思い出しながら散策するのもいいかもしれませんね!

>>ファランの視聴率日本の全話放送と徹底比較!

 

まとめ

『ファラン』のロケ地として使用された新羅ミレニアムパークは、韓国時代劇では欠かせない撮影場所です。

また他にもソウル近郊には、韓国民俗村や仙遊洞溪谷など『ファラン』を見た人なら絶対に分かる名場面で使われた場所もあります。

ぴよ吉
ぴよ吉
撮影場所を巡るツアーもあるみたいよ!

どこのシーンで使われたのか確認しながら作品をみると、一味違う楽しみが味わえちゃいますよ!

また、運が良ければご紹介した場所のどこかでドラマ撮影をしていることもあるので、韓国に行った際は是非足を運んでみてくださいね!

『ファラン』のロケ地新羅ミレニアムパークとソウル近郊の撮影場所をご紹介しました。