ファラン

ファラン最終回ネタバレとその後!エンディングにスホがいない意味も考察!

ファラン 最終回 ネタバレ その後 エンディング スホ 意味 考察
Pocket

『ファラン』は王を守る精鋭部隊の成長と絆を描いたロマンス時代劇。

2021年10月現在、NHK・BSプレミアムで放送されていますね。

物語は佳境へ突入し、最終回のネタバレ・エンディングが気になっている方も多いよう。

個人的には、最終回のその後を自分なりに考察してストーリーを考えるのも大好きです。

そして本国でエンディングを迎えた際、物議をかもしたシーンがあるのを皆さんはご存知ですか?

実は、ファランが馬で駆け抜けるラストシーンにSHINeeのミンホ演じるスホがいなかったんです!

少し意味深ですよね!?

ぴよ吉
ぴよ吉
スホがいない件、筆者も気になっていたよ!

それでは『ファラン』最終回のネタバレとその後の展開を予想しながら、スホがエンディングに登場しなかった意味も含めて調査・考察していきます。

 

ファラン最終回ネタバレ!ソヌはジディを王として認め支えていく!

スピードある展開で初回から終盤まで目が離せなかった『ファラン』。

最終回直前までのあらすじを少しだけ紹介します。

本物の真興(チヌン)王はジディだということが世間に広まり、都ではジディとソヌを比較する歌が流行する。一方、ソヌは仙門(ソンムン)を去ったウィファの元を訪れ、自分が王になれば新羅を変えられるだろうかと尋ねる。そんな中、ジディはソヌもまた王となる資格を持つ聖骨(ソンゴル)であることを知り、彼を呼び出して刀を向けるが…。

出典元:https://www.bsfuji.tv/hwarang/#arasuzi

王としての資格を持つ2人の若き男ソヌとジディ。

ファランとして互いに絆を積み重ねてきた日々、しかしマンムンを死に至らしめたジディを許せない思いとのはざまで葛藤するソヌ。

ジディもまた聖骨(ソンゴル)であったソヌと自身を比較し、王としての本当の資格が自分にあるのかを問う苦しい日々を過ごします。

互いを認め合う存在になったにもかかわらず2人は袂を分かつことになってしまうのでしょうか?

ぴよ吉
ぴよ吉
ハッピーエンドになってほしい~

最終回のネタバレスタート!

 

ファラン最終回ネタバレ!ジディが王として登場!

ファラン 最終回 ネタバレ その後 エンディング スホ 意味 考察出典元:https://www.telasa.jp/series

ジディはアロを王宮で軟禁し、自分を脅かす者を封じるための人質だと告げていました。

ぴよ吉
ぴよ吉
ソヌを敵だと暗に言っているのがつらい~

その後ジディはファランを掌握するため仙門(ソンムン)に向かいます。

ファランたちの前に立つジディ。

ジディの真興王としての姿に驚きを隠せないファランたち。

軟弱なファランを、より強きものに生まれ変わらせると告げる真興王。

直後、弱くて軟弱なのは真興王も同じだと強い口調で言いながら現れたのはソヌです!

真興王はソヌに王に礼儀を尽くすよう命じ、譲位式で親衛隊として王を守る役目を果たせとファランに言い渡します。

しかし、ファランは自由な存在であり王を守るかどうかは我々自らが決定すると真興王に言い返すソヌでした。

 

ファラン最終回ネタバレ!ソヌの真意と譲位の日

ファラン 最終回 ネタバレ その後 エンディング スホ 意味 考察出典元:https://belluspa.net/

譲位式の日、大臣たちの前に姿を見せたのは太后の兄であるフィギョン。

式が始まるその時、真興王に譲位されることにヨンシルが異を唱え、なんとソヌを王に推戴すると宣言!

ぴよ吉
ぴよ吉
ヨンシルは自信満々だ~

そこにソヌを先頭にしたファラン達が登場。

王の眼前まで進み、新羅の王を選んだとスホが宣言します。

そしてソヌが続けた言葉は、、、「真興王、万歳!」でした!

ソヌは王の命を狙った代価を払えとヨンシルに刀を向け、彼の陰謀を打ち砕きます。

ヨンシルはソヌの裏切りに成すすべもなく立ち尽くすばかり。

2人が剣を突き合せた日、ジディの新羅の未来を描く言葉を聞いたソヌ。

その時ソヌはジディを真の王として認め、ファランとして彼を支える事をすでに心に決めていたのでした。

 

ファラン最終回ネタバレ!アンジに見守られた太后の最期

ファラン 最終回 ネタバレ その後 エンディング スホ 意味 考察出典元:https://ameblo.jp/sweetjamholiday/

ヨンシルの策略により、長い間毒の入ったお茶を飲み続けていた太后はすでに瀕死の状態。

真興王と心の邂逅を果たしたある日、太后は倒れてしまいます。

スホはアンジ(太后のかつての恋人)を呼びよせ治療を施すよう頼みました。

治療を試みるアンジ。

手のつけようのない状態にその場を去ろうとしますが、スホに引き止められ踏みとどまります。

ぴよ吉
ぴよ吉
部屋から出たスホの顔には一筋の涙、いい男!

虫の息の太后は、アンジに忘れられなかった思いを告白。

アンジもまた、憎もうとしたけれど憎み切ることは出来なかったと思いを伝えます。

ごめんなさいという言葉を最期に太后は息を引き取るのでした。

 

ファラン最終回ネタバレ!真興王のアロへの手紙

ファラン 最終回 ネタバレ その後 エンディング スホ 意味 考察出典元:https://ameblo.jp/sweetjamholiday/

王宮にて軟禁状態のアロ。

パオからジディが無事に任命式を終えたことを聞いてホっとします。

そしてパオに託されたジディからの手紙を読み始めるのでした。

手紙には、軟禁したのはアロの命を守るためだったと謝罪の言葉が。

再び会ってしまうと心が揺れてしまうかもしれない、だから手紙をしたためたと告白するジディ。

ぴよ吉
ぴよ吉
報われなかったジディの思いが切ない!

そしてソヌのもとへ行けと命じるのでした。

 

ファラン最終回ネタバレ!半年後ソヌはアロにプロポーズ!

ファラン 最終回 ネタバレ その後 エンディング スホ 意味 考察出典元:https://ameblo.jp/sweetjamholiday/

時は経ち、多易書(タイソ)で小遣い稼ぎに励んでいるアロ。

一方ソヌは遠征で帰らない日々でしたが、半年後やっと王宮に参上します。

遠征から久しぶりに帰ってきたソヌと真興王は嬉しそうに語り合うのでした。

家ではアロが、帰らないソヌに1人愚痴をこぼしています。

そんな彼女を突然後ろから抱きしめるソヌ!

ぴよ吉
ぴよ吉
バックハグ来た~♡

拗ねているアロに、完璧にかわいい~といつかのアロのセリフを真似て微笑みます。

思わず笑顔になる彼女にソヌはプロポーズの言葉を。

優しいキスと抱擁で2人は思いを確かめ合い、エンディングを迎えたのでした。

 

ファランその後の展開予想とエンディングにスホがいない意味を考察!

『ファラン』最終回のネタバレを紹介してきました。

すがすがしいエンディングに大満足の方が多いのではないでしょうか。

それでも続きを期待する気持ちもちょっぴりありますよね。

ぴよ吉
ぴよ吉
ファラン続編作られないかな~

なのでその後の展開を独断と偏見で予想!

そしてスホのいないエンディングシーンの意味についても考察していきます。

 

ファラン最終回その後は真興王とソヌの絆で三国統一?

王座に就いた真興王。

アロへの思いを断ち切るかのように、新羅発展に心血注ぐ真興王の姿を描くストーリー展開が見てみたいなと思いました。

百済・高句麗との熾烈な領土争いが続いている時代。

史実では直後、歴史的にも重要な「管山城の戦い」が繰り広げられています。

最終的には新羅がこの戦いに勝利し、三国統一への大きな足掛かりになっているとのこと。

優勢だった百済を土壇場で巻き返した新羅の史実。

そのサクセスストーリーを軸に真興王とソヌ、ファランたちの活躍をドラマチックに描けそうではないですか?

殺陣シーン満載で、脚本家の方にお願いしたい所存です(笑)

 

エンディングにスホがいないのは太后の護衛になっていたから?

ファランのイケメン筆頭としてストーリーに貢献したスホ、ファンは多いはずですよね。

最終回のエンディングシーン、真興王と馬を走らせるファランたち。

しかし、そのシーンにスホがいないと物議をかもしたんです!

調査した結果、有力なのは終盤に太后付きの護衛になっていたので、すでにファランの一員ではなくなっていたという説。

太后の死後はパオとともに真興王付きの護衛になっていたという解釈もあり、どちらにしてもファランではなくなっているという意見が多かったですね。

ぴよ吉
ぴよ吉
人気者がたくさん出演していたので、スケジュールの都合が合わなかったのでは?という意見もあったよ~

5人が馬で駆け抜けたシーンの後、スホが一番にアップで映っていたところで少し溜飲をおろした筆者でした。

>>ファランのロケ地、撮影場所も紹介!

 

まとめ

『ファラン』最終回ネタバレ、その後の展開予想とエンディングにスホがいない意味も考察してきました。

イケメンファランたちが奮闘し成長する姿に、1話から最終回までいたるところで勇気をもらえましたよね。

スホがエンディングに登場しなかったことは残念でしたが、それはストーリー上の意味があってのことなのかもしれません。

そして『ファラン』その後の展開についても考察してみましたがいかがでしたか?

自分好みのその後を想像して皆さんも楽しんで下さいね。

ネタバレを読んで興味がわいた方は是非ドラマをご覧ください♪